カテゴリー別アーカイブ: 雑感

『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!』

 2009年の韓国映画『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!(原題「CHAW」)』。
 公開当時より、そのインパクト溢れる題名に興味を掻き立てられ。しかしながら文化文明とは程遠い、未だ隣組や村八分などの風習も色濃い自身の生活圏では当然のように映画館で上映されるわけもなく、CS放送の映画専門チャンネルで放送されるのを心待ちにしていたのだがいっこうに放映される気配もなく。
 所詮その程度の取るに足らぬ作品と割り切ろう、いっときはそう思ったもの日増し月を重ねるごと「人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!」の言葉が頭の片隅から離れなくなり、思いきってDVD版を購入。

 さて鑑賞してみれば『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!』の題名が全てを物語るよう、韓国都市部より遠く離れた山村に凶暴な巨大人喰い猪が出現し平和だった村を恐怖に叩き込む。その粗筋とそこから想像される印象より良くも悪くもまったくブレない。そのタイトル通り、通俗的に「モンスターパニック映画」と括られる作品の定石を丁寧になぞらえる展開から題名に冠されるミニマムかつ土着的な山場を経て幕引きへ、そして同種映画のお約束ともいえる不穏さを残し物語は締めくくられる。この手合が好きな好事家にはお勧め、と無難な感想でお茶を濁しがちな佳作。そう片付けられるかもしれないが。

 さにあらず、あえて取り上げたのには特筆すべき点が。いや韓国映画を鑑賞したとき総じて印象に残り、本作でも興味深く感じられた点がひとつあり。それは、この作品やジャンルに限らず世界的に評価される巨匠がメガホンを取る大作映画においても通底し執拗に描かれる要素「韓国製映画において警察を含めた官僚機構は、徹底して腐敗し役に立たず物語の解決に関与しない。のみならず映画における厄介な障壁としてたびたび描かれる」。
 この点に関しては本作においても。主人公を務める、大韓民国首都ソウル特別市より物語の舞台となる僻地勤務を任ぜられた警察官と。赴任先の警察署長を含む人々の、中央への媚び諂いや嫉妬を含んだ態度、あるいは地元警察と村長との癒着などなど。そしてそれらパブリックサーバントが物語の進行において事態の解決にまったく寄与しない、どころか物事をより悪化させクライマックスへ誘導する。

 韓国における実在の状相が映画界へも反映されているのか、あるいは大衆の徹底した官僚機構への疑念がいささか脚色され通俗文化に投影されているのかどちらともか。ともかく多くの人にとっては取るに足らぬジャンル映画ひとつにも、ほぼ例外なくお上への不信感が通奏低音として流れているのは。
 それを以て「ポスト・トゥルース」や「ポリティカル・コレクトネス」等のワードを織り交ぜながら、ひょっとするとオーウェルの作品からアニマリズムのスローガンあたりを引用しつつ「常に権力や権威への批判精神を怠らぬ彼の国の市民意識の高さ。翻ってこの国に住まう衆愚どものケモノよりなお劣る政治意識の低さときたら」そうイデオロギイの方面に寄せて語りたがる憂国の志士や真実の徒も多いかもしれませんが。そんな難しいことはいっさい関係なく以上が個人的に『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!』を鑑賞し興味深く感じた点です。

電子の眷属にあらず

2017021001

2017021002

 漫画家新谷かおるが、カメラを題材に描いた短編を集めた作品集『シリーズ1/1000sec.』。
 作品自体今から40年近く前に発表されたものなので、作中に登場するカメラメーカーの中には同業他社に吸収されたりカメラ事業をやめているメーカーがあったり、なによりデジタル化の波が押し寄せる遥か以前。写真が画像センサーからRAWやJPEG形式の画像に書き出されるのではなく、銀塩フィルムが写真の記録媒体であった。そんな時代に描かれた物語なので今の目でみれば理解するのに少々知識の必要な情報もあるもの。

 しかしながら本質は。
 カメラの前に広がる光学情報をレンズを通して静止した一枚の画像に変換する、カメラそのものの本質は銀塩フィルムから画像センサーに変わったとて枢要に違いはなく、本作で語られている内容も、細かなディテールにおいて現状と違いはあるもの物語の主点は現在と変わらず、今読んでも存分に面白いし作中人物の台詞に納得する箇所も多い。

 プロフェッショナルの現場においても、いやデジタルアナログに関してはスノッブ気取りの一言居士こそピントのずれたイメージを持っているかもしれないが、写真を生業とする現場の住人こそカメラのデジタル化に他の誰よりも速く反応し。
 フリーランスであれば手持ちのフィルムカメラを質にいれ頭金を作ってでも同業者に先んじデジタルカメラを入手し、確実に業界を席捲するデジタル化の潮流に遅れまいと前のめりに適応を図った結果。アマチュアの世界よりも職業写真の分野においてデジタルカメラが縄墨となり、追って趣味の世界でも徐々に普及浸透してゆき。蛇足ながらアマチュアの末席として自身もデジタルがスタンダードになったころカメラを趣味にするようになったのだが。

 例えその心臓にあたる機関が、フィルムからなる感光媒体から半導体製集積回路による撮像素子へと変わったとして、カメラそのものが電子の一門に転籍したわけは無い。今もその身は光学に属すものである。
 その程度は明言できる。