ボディーキャップレンズ BCL-1580

 今年の四月一日から消費税の税率が5パーセントから8パーセントへと変更され、世の中全体に「今のうちに買いだめしておかねば」「高額商品を買っておかねば」の雰囲気が蔓延して。
 その雰囲気にあてられ、自分も三月中になにか買い物をしておかねばと。
 思ったものの、買いたいものが思い浮かばない。だったら買わないのが賢者でしょうが愚者としてはなにか買い物しておきたい。

 考えた末注文したのが、先日届いたオリンパスのボディーキャップレンズ「BCL-1580」。

 名称の通り、レンズとしての性能は二の次で。レンズ交換式カメラの本体に装着して、カメラのセンサーを保護するボディーキャップとして使用する(なんだったらレンズとしても使える)との目的で作られた製品。

2014041601

 これを使うことで手持ちのカメラバッグに、カメラ本体プラスボディーキャップレンズ。そして標準ズーム(12-40mm)に広角(7-14mm)または標準ズームと望遠(75-300mm)の組み合わせで。
 変則的ではあるものの、カメラとレンズ三本を持って出かけることが可能に。

2014041602

 ちなみに、ボディーキャップレンズを使って試しに撮ってみたら。

2014041603

 意外と悪くない。

桜を撮りに

 ひさしぶりに半日休みをとれそうだったので、せっかくの休みの時間。さあ何をしようかと考えていると。
 ちょうど当日は桜が満開とのニュースを聞き、ひさしぶりに写真を撮りに外出しようと、昨年購入したもののまったく外に持ち出す機会のないデジタルカメラ。OM-D E-M1を持って桜を撮ってきた。

2014041101

2014041102

2014041103

2014041104

2014041105

2014041106

2014041107

2014041108

2014041109

2014041110

2014041111

 桜以外にも

2014041112

2014041113

 面白い!OM-D E-M1。フルサイズと比較してセンサーサイズを小さくした引き換えに、レンズを含めシステム全体がコンパクトになるよう設計されているため。カメラ本体プラス交換レンズという装備で、外に出かけて写真を撮っていてもまったく気にならない。

 また近いうちに写真を撮りにいきたいなあ。