川村万梨阿 デビュー31周年記念BOX 『ΟΔΥΣΣΕΙΑ』

20140727

 注文していたCD。川村万梨阿 デビュー31周年記念BOX『ΟΔΥΣΣΕΙΑ』が手元に届く。
 
 購入した人すべてが真っ先に抱くであろう感想「でかっ!」。

 とはいえ、いまでは「バイナル」の呼び名のほうが通りがよくなったアナログレコードのアルバムと同じサイズだから、大きさそれ自体はそこまで特別なものではないのだが。数十年前ならいざ知らず、いまどき流通されているアナログレコードのジャケットは、絵はおろか文字も入っていない無味乾燥なものが殆どなので。これくらいのサイズのジャケットにアートワークが施されていると、実物を目にした時のインパクトは絶大。
 ジャケットのサイズとアートワークに関しておそらくは、川村万梨阿のパートナーでもある永野護の意向も働いているのではと推測するが、当人のほくそ笑みがジャケットから浮かび上がってきそう。

 まあ、そんなことは関係なしに。そして、懐古趣味に囚われたおっさんの世迷いごとであるのも承知で。
 「CD主流の時代において、小さいことが前提でデザインされるアートワークを認めるべきか否か」なんて真剣に論じられていたことすらも懐かしく感じる現在において。この物理的な大きさは、手にとってただ眺めているだけでも感に入るものが。
 
 勿論肝心の中身も。

 今回のベスト盤。発売元は日本コロムビアということで。先月25日の内容とは矛盾するものの、さすが日本コロムビアといえるものに。
 クレジットを確認すると、今作のマスタリングエンジニアは佐藤洋。同社のクラシック音楽やジャズアルバムのマスタリングにおいて、日本プロ音楽録音賞を幾度も受賞しているサウンドエンジニア、佐藤洋の手により、かつては他社から発売された音源も日本コロムビア社内でもう一度マスタリングし直されてあり。今作に収録されている楽曲を既に持っている方も、手元のCDと今作とを聞き比べてみると、単なる思い出の再生装置に終わらない、また新しい楽しみかたがあるかと。

子供が出来てから初めての本格的な旅行に行ってきた

 お伊勢参りに一度も行ったことがなかったので一度はしておこうと。子供が出来てから初めての本格的な家族旅行を兼ね、伊勢志摩方面に行ってきた。

 未明に家を出発し、高速道路をひた走り、伊勢方面に着く。

2014062601

 こんな車が普通に、駐車場に停められているのを見て「一生に一度はお伊勢参りと吉原」の言葉があったくらい、江戸時代から大勢の人が往来する一大観光地にやってきたのを実感。

2014062602

 伊勢神宮に到着。ここで、事前に連絡していた奥さんの友人。今は伊勢近郊に住んでいる友人夫婦と子供達と合流。皆で内宮へ行く。

2014062603

 お伊勢参りを思いついた際に特別参拝。前もって地元の神社を通じて申し込みをしておけば、一般参拝者は立ち入れない内宮のさらに奥まで入る特別参拝が可能である。とのことを知っていたので申し込みをしたものの。細かい情報や心得を聞くと当事者だけでなく、子供も含めた同行者すべて、きちんとした正装をするのが当然の礼儀でしょうといわれ、特別参拝は断念したのだけど。
 残念だったが結果的にそれでよかった。自分達の子供に加え、奥さんの友人の子供達も含め未就学児を何人も連れて、何かかしこまったことをするなんて到底無理。

2014062604

 小さな子供達の面倒をみながら、写真に収めたい場所を見つけてカメラを構えて、カメラのマニュアルモードで露出やシャッター速度等を細かく調整して、なんて芸当も到底無理。上の写真を撮っている間にも、奥さんの友人の子供が水の中に入ろうとして、悠長に気の利いた構図を考える時間なんてあるはずが無い。

2014062605

 古くはフィルムカメラの時代において。カメラというよりもレンズ付きフィルムというべき、撮りっきりコニカや写ルンです等の製品が一世を風靡し。今では殆どの携帯電話に付属しているカメラ機能が、それらの担っていた位置に収まり。観光地やイベントに行くと当たり前のように携帯をかざしている家族やグループを見るようになった。むしろいない方が不自然に感じる。それが当たり前の光景になって久しいが。
 家族やグループでの旅行においては。写真としての出来や見てくれなんかよりも、その時その場所で即座に思い出の記念写真を撮ることのほうがはるかに重要で。
 そう考えると、どんなにカメラの性能が進化して、高機能なものになったとしても。手軽さと気軽さに優るカメラ付き携帯が、もしくはそれに相当するものが無くなることはないと強く思った。

 というわけで、今回の旅行は皆が集まっての、または子供を収めた写真が中心になりました。

2014062606

2014062607

 上の写真は宿泊したホテルと、ホテルの中のバーで。ちゃんと子供同伴と写真撮影の許可をもらっています。