『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!』

 2009年の韓国映画『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!(原題「CHAW」)』。
 公開当時より、そのインパクト溢れる題名に興味を掻き立てられ。しかしながら文化文明とは程遠い、未だ隣組や村八分などの風習も色濃い自身の生活圏では当然のように映画館で上映されるわけもなく、CS放送の映画専門チャンネルで放送されるのを心待ちにしていたのだがいっこうに放映される気配もなく。
 所詮その程度の取るに足らぬ作品と割り切ろう、いっときはそう思ったもの日増し月を重ねるごと「人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!」の言葉が頭の片隅から離れなくなり、思いきってDVD版を購入。

 さて鑑賞してみれば『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!』の題名が全てを物語るよう、韓国都市部より遠く離れた山村に凶暴な巨大人喰い猪が出現し平和だった村を恐怖に叩き込む。その粗筋とそこから想像される印象より良くも悪くもまったくブレない。そのタイトル通り、通俗的に「モンスターパニック映画」と括られる作品の定石を丁寧になぞらえる展開から題名に冠されるミニマムかつ土着的な山場を経て幕引きへ、そして同種映画のお約束ともいえる不穏さを残し物語は締めくくられる。この手合が好きな好事家にはお勧め、と無難な感想でお茶を濁しがちな佳作。そう片付けられるかもしれないが。

 さにあらず、あえて取り上げたのには特筆すべき点が。いや韓国映画を鑑賞したとき総じて印象に残り、本作でも興味深く感じられた点がひとつあり。それは、この作品やジャンルに限らず世界的に評価される巨匠がメガホンを取る大作映画においても通底し執拗に描かれる要素「韓国製映画において警察を含めた官僚機構は、徹底して腐敗し役に立たず物語の解決に関与しない。のみならず映画における厄介な障壁としてたびたび描かれる」。
 この点に関しては本作においても。主人公を務める、大韓民国首都ソウル特別市より物語の舞台となる僻地勤務を任ぜられた警察官と。赴任先の警察署長を含む人々の、中央への媚び諂いや嫉妬を含んだ態度、あるいは地元警察と村長との癒着などなど。そしてそれらパブリックサーバントが物語の進行において事態の解決にまったく寄与しない、どころか物事をより悪化させクライマックスへ誘導する。

 韓国における実在の状相が映画界へも反映されているのか、あるいは大衆の徹底した官僚機構への疑念がいささか脚色され通俗文化に投影されているのかどちらともか。ともかく多くの人にとっては取るに足らぬジャンル映画ひとつにも、ほぼ例外なくお上への不信感が通奏低音として流れているのは。
 それを以て「ポスト・トゥルース」や「ポリティカル・コレクトネス」等のワードを織り交ぜながら、ひょっとするとオーウェルの作品からアニマリズムのスローガンあたりを引用しつつ「常に権力や権威への批判精神を怠らぬ彼の国の市民意識の高さ。翻ってこの国に住まう衆愚どものケモノよりなお劣る政治意識の低さときたら」そうイデオロギイの方面に寄せて語りたがる憂国の志士や真実の徒も多いかもしれませんが。そんな難しいことはいっさい関係なく以上が個人的に『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!』を鑑賞し興味深く感じた点です。

初心忘るべからず

 今年の初めに購入したオリンパスのOM-D E-M1 Mark II。
 同社の旗艦にあたる本機種には勿論、オリンパス製のデジタルカメラほぼ全てにもれなく付いている機能「アートフィルター」。
 1959年に発売され一世を風靡したハーフサイズカメラ「ペン」のデジタルモデル、E-Pシリーズの第一号機として2009年に発売された、ペン E-P1。発表当時は非常に女子受けが良かったのを記憶しているが、そのキャッチーな見た目やコンパクトな美点に加え、同機にも実装されていたアートフィルター機能も女子人気を後押しした要因のひとつなのでは、そう憶測し。昨今インスタグラムを飾る写真を見ていても当て推量はそこまでピントはずれでもない、そう感じているアートフィルター。
 くどくど言葉を並べたてるより実際に見ていただいたほうが分かりやすい。

 自前のOM-D E-M1 Mark IIで撮った写真。

2017040301

 様々な種類があるアートフィルターの中の「ヴィンテージ」を上の写真に使ってみると。

2017040302

 このように写真が加工される。

 と、こんな具合に。これ以外にも様々なアートフィルターを使うことによって思いもよらぬ雰囲気に写真が変化し、オリンパスのデジタルカメラを初めて購入した頃には物珍しさもあって、撮った写真撮った写真手当たり次第に加工していたものが。
 やがて、数を重ねていくごと機材を更新していくごとアートフィルターを使って得られる変化より、レンズを変え撮影条件を工夫して写真を撮ることに傾倒してゆき、アートフィルターの使用頻度も激減するのだが。

 やはり初めてデジタルカメラを購入したとき、アートフィルター機能を初めて試したときの新鮮な気持ちを忘れたくはなく。銀塩の頃より腕を磨き続けている撮り天狗の先輩方においては邪道の下魚でしかなかろうが、原初の喜びを忘れないようアートフィルターも積極的に使ってゆく。

2017040303