前回の更新から今日まで

 数ヶ月更新が滞っていたものの、何か特別が事があったわけでもなく、いつも通りの繁忙期に入っていたため、仕事と家庭以外のことが出来なかっただけで、また今日から。年の終わりの繁忙期に入るまでの間、更新作業をしていこうと思います。

 とりあえず何かといえば、繁忙期が終わった後に買ったノクトンについてかなあ。

奥さんの買い物

 自分語りばかりつらつらと書きつらね。
 まあこのサイト自体。自己顕示と森羅万象への小言に終始しつつ、ひとまわり以上歳の離れた女子にあわよくば擦り寄ろうとする下心を抑えきれない、年甲斐もなくSNSデビューしたオッサンのページと何ひとつ変わらないものにせよ。
 たまには家人の話なども。

 先月から時計購入の話ばかりして、まるで自分だけが意味のない浪費ばかりしている。御内儀とは収支を別にして手前だけが物欲のおもむくまま放蕩にかまけているようにとられかねないが。
 まったくそんなことはなく。
 自分は自分でオタクが陥りがちな、自己消化できる許容範囲を明らかに越え購入の為の購入をただただ積み重ねる、そんな緩慢な自殺にも似た消費行動を止め、抑揚ある購買を心がけ。それは単純に、子供が生まれたので沢山のものを死蔵しておく余裕が無くなった。自分の趣味の為の空間を縮小せざるを得なくなった、そんな現実的な要因も大なのだが。

 さて彼女は彼女で昨年末に、コンベクションオーブンを購入し。
 結婚時に用意したオーブンレンジがあるのに、どうしてまた似たようなものを買うのか。その思いが最初に頭をよぎったものの「そのような事を言うのはどの口でありますか」の一言で何も返せなくなるなあと自省しつつ。
 しかるに彼女がコンベクションオーブンを購入して空焼きを済ませたのち、最初はどうということもないものをと。そこいらの量販スーパーで恒常的なセール商品の対象になっているような、ごくごくありふれた冷凍ピザを焼いてみたところ。
 完全なる別物は大袈裟かもしれないが、確実に今までのものとは味が違っていたので驚いた。

20150725

 おそらくはコンベクションオーブン。convection(熱・大気の)対流、の名の通りオーブン内にあるファンで対流を作り庫内の熱を均等なものにする働きと。
 それ以上に、付属していたピザストーンの働きによるものであったのだろうが、とにかくオーブンレンジで作っていたものと比べ出来上がりの食感そのものも、さっくりふわふわと明らかに美味しくなっていたのに驚いた。

 道具にかんしては半可通、いや半可通の入り口に立とうとしているものほど「能書は筆を択ばず」や「下手の道具調べ」の言葉に、その意味以上言葉に拘泥し道具選びを冷笑軽視しがちかもしれないが。
 いやいや、則天去私光風霽月に達する真のマエストロを目指すのならばともかく、ただ普段の営みを少しばかり気の利いたものにしたいだけの俗物にとっては、道具の持つ意味は存外大きいものだと。
 当たり前のことを出来上がったピザをほおばりながら、そう再認識した次第。

 ちなみに奥さんは、彼女自身の買い物がよほど気に入ったのか。それより一ヶ月余の間は、新しいオーブンで作られたアヒージョが、ほぼ毎日食卓にあがるようになったのでした。