初心忘るべからず

 今年の初めに購入したオリンパスのOM-D E-M1 Mark II。
 同社の旗艦にあたる本機種には勿論、オリンパス製のデジタルカメラほぼ全てにもれなく付いている機能「アートフィルター」。
 1959年に発売され一世を風靡したハーフサイズカメラ「ペン」のデジタルモデル、E-Pシリーズの第一号機として2009年に発売された、ペン E-P1。発表当時は非常に女子受けが良かったのを記憶しているが、そのキャッチーな見た目やコンパクトな美点に加え、同機にも実装されていたアートフィルター機能も女子人気を後押しした要因のひとつなのでは、そう憶測し。昨今インスタグラムを飾る写真を見ていても当て推量はそこまでピントはずれでもない、そう感じているアートフィルター。
 くどくど言葉を並べたてるより実際に見ていただいたほうが分かりやすい。

 自前のOM-D E-M1 Mark IIで撮った写真。

2017040301

 様々な種類があるアートフィルターの中の「ヴィンテージ」を上の写真に使ってみると。

2017040302

 このように写真が加工される。

 と、こんな具合に。これ以外にも様々なアートフィルターを使うことによって思いもよらぬ雰囲気に写真が変化し、オリンパスのデジタルカメラを初めて購入した頃には物珍しさもあって、撮った写真撮った写真手当たり次第に加工していたものが。
 やがて、数を重ねていくごと機材を更新していくごとアートフィルターを使って得られる変化より、レンズを変え撮影条件を工夫して写真を撮ることに傾倒してゆき、アートフィルターの使用頻度も激減するのだが。

 やはり初めてデジタルカメラを購入したとき、アートフィルター機能を初めて試したときの新鮮な気持ちを忘れたくはなく。銀塩の頃より腕を磨き続けている撮り天狗の先輩方においては邪道の下魚でしかなかろうが、原初の喜びを忘れないようアートフィルターも積極的に使ってゆく。

2017040303