カテゴリー別アーカイブ: 雑感

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

 夏の間の忙しい時期を乗り越えた自分への、自分からの褒美として。
 そうでもしないと、自分などに賞与や寸志、鼻薬や人参の類をくださる存在などこの広い世界のどこにも存在しないので、自ら自身への褒美としてカメラのレンズを一本。

 発売され一年以上経過しているものの、誇張抜きで良い評判しか聞こえてこなかったオリンパス製の望遠レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」を購入。

201608261

 以前にはフォクトレンダーのNOKTON 10.5mm F0.95なんて、客観的には色物の類に入るレンズを購入し、しかもいまだ愛用し続けているように、はっきりと望遠よりは広角の方が性にあう。写真に限らず落書きをしていても広角気味の絵を気がつけば描いているように、どちらかといえば望遠はそこまでして求めようとは思っていなかったものオリンパスの40-150mm F2.8。

 「価格がやや高額である、ただその一点を除けば非の打ち所なしの銘玉」「他社のフルサイズ一眼を使用していた者も、このレンズを中心に撮影環境ごと移行したとしても、けして後悔はさせないだろう」「コンパクトかつ超高性能。本来なら矛盾する要素を見事両立させた、デジタル時代のメルクマールとなるべき望遠」等等、いわゆるステルスマーケティングに相違ないと勘繰るくらいの高評価を、しかもいまだに受け続けているレンズを。
 本当にそんなものなのか、実際に手にとって試してみるのによい機会と購入。

 そしていくら銘玉と謳われるものとしてカメラのレンズなんてものは、保管庫に後生大事に収納したまま愛でるためだけに存在しているのではない。やはりカメラ本体に装着して振りまわしてなんぼのものだと思うので。
 さっそく外に持ち出し撮ってみた。

201608262

 40-150mm、35mm判換算で80-300mm相当。仮にフルサイズでと想像すれば持ち歩くのに相応の覚悟が必要な構成も、覚悟も三脚も一切必要無く手持ちで気軽に撮影できる。
 センサーサイズの物理的な小ささから、他社がハイアマチュア、プロ向けに用意した35mm判の規格に比べ、マニア諸氏大好物の「ボケ味」の点では見劣りするかもしれないが。逆に、センサーサイズの小ささを活かし望遠撮影に関しては他社のハイアマチュア、プロ向けの同仕様に比べ遥かにコンパクトな作りにすることが出来る。
 オスカー・バルナックの思想を継承し設計されたといわれる規格、マイクロフォーサーズを考えてみると。口にあうあわないを抜きに同規格を使っているのだから、良い望遠レンズの一本は所有し使ってみるべきなのかも。

201608263

 屋外に持ち出しさんざん振り回しても肉体的な苦痛は皆無。逆に今まで撮れなかった画が撮れるようになった精神的充足のみを感じるM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROを使って、そう思った次第。

201608264

 さあ次は花を撮ろうか月を撮ろうか。

iPad Pro + Apple Pencil

 何度も申し開いてきたよう、以前と比べて自身のキャパシティにおける「公」の部分がますます大きくなり、地上げ屋やブラック企業の人事担当まがいの圧力で「私」を追い詰め締めあげ続けている現在において。
 そんな状況においても個人的な業余の部分は継続していけないものか。試行錯誤の日々の中、良い評判しか聞こえてこなかったApple PencilとiPad Proを。先だってiPad Proに先行型の12.9インチモデルより一回り小さい9.7インチモデルが発売されたのを契機に購入。
 ちなみに9.7型にしたのは、12.9型は実際に店頭で現物を見た際「部屋の中で据え置きにして使うのなら良いが、あちこち持って出かけ時間を見ては使用する。自分自身の目的に即した使い方には、この大きさは手に余る」そう思ったからで。

 そしてiPad Proの9.7型を、本体以上の肝心かなめと思われるApple Pencilと合わせて購入し。さっそく買ってきたそれを使ってお絵描きをしてみると。

20160724

 結果。林檎教と俗称されるアップル製品原理主義者に自分も改宗した、友人知人にそう思われても一向に構わない。そのくらいのインパクトがiPad ProとApple Pencilにはありました。買ってよかった。

 さて。この内容を記している時点で既に、いつも通りの忙しい時期の真っ只中にあり。本当だったらこんな更新もせず精々ツイッターでつぶやく程度にして、この時期の削りかすのような私の時間は全て休養に割り振り今を乗り切る、ただそれだけに専念するのが賢明なのだけど。
 このような内容をひとまずの更新として、今後も日常に忙殺されることなく、このサイトを作った元来の趣意である「個人的な気晴らし」を忘れないようにしたいものです。

 さあ、忙しい時期を無事乗り切ったあかつきには、次はカメラだな。