カテゴリー別アーカイブ: 雑感

デタラメなりのそれらしさ

 いつのまにかカメラが趣味だと。臆面なく名乗れる程度にカメラへと。いやカメラというよりレンズ、所謂レンズ沼に嵌り。そして嵌ってみると、この泥沼。存外心地よいことも知り。
 そして、あれやこれやをレンズを変えつつ撮影し、部屋に戻って撮った風景を眺めているうち。
 カメラよりも遥か前より下手の横好きとして続けていたお絵かきへと。

 単に撮影したものを漫然と見ているだけでなく、お絵かきの方になにがしか活用できないかと助平根性がむくむくと頭をもたげ。
 写真からお絵かきへの活用として大半の方が同じことを発想するであろう、お絵かきの背景に。
 自分で撮影した風景を、そのままお絵かきの背景に移せば自身の意図するものに。しかも写真をそのままなぞらえれば簡単かつ効果的なものが出来るのでは。
 安易な発想のもと撮影したものを、そのまま描こうとする絵の中に写し替えようと試した矢先。しょせんそのような安直なやり方、下手の横好きの下手の浅知恵に相違ないこと明確に実感する。

 所謂スーパーリアリズム。そこまでゆかずとも具象、劇画調の絵を描くのなら判るが。
 有り体にいえば下手くそな、写実主義に則れば全く正しくない突っ込みどころだらけのデタラメな絵を、写真の背景の上にただ乗せてみたところで。
 とはいえ、イマドキの画像編集ソフトには元画像の輪郭を抽出強調したり画像の階調を減色単純化する等の機能も豊富に搭載され、それらを使えば写真をそれらしい背景画像へと変換することも可能ではあるが。いくらそれらの機能をいくども重ねたとて、根本的な問題は何ひとつ改善されない、どころか病巣をより際立たせる結果に。
 下手ともまた異なる、見た人の多くに得も言われぬ違和感や気味の悪さを抱かせるだけのものにしかならない。もっともその生理的嫌悪感を意図している「判った上であえてやっている。見るものの意識や感情をコントロールしている。観客を手のひらの上に乗せてやっている」のなら話は違うが。

 考証や方法論、現実主義に則れば悪目しかないデタラメなものにせよ、デタラメの中においてはそちらよりもこちらの方が違和感を抱かない、抱かせないため。デタラメなりのそれらしさがあるのを。
 おそらく間違いなく。お絵描きに限らず、映像映画製作、あるいは小説等の文筆活動を含め広義における創作に携わっておられる方の殆どにおかれては。言葉にせずとも、メソッド化しなくとも経験を通じて理解熟知し実践している言わずもがなのことなのでしょうが。
 こんなこともカメラを趣味にするようになって判ったことでした。

 ちなみに下のものが実際の作業に使うパソコンの画面を画像に保存したもの。画像の中の右が、いただいた年賀状の返信用の絵の、背景の参考にと自前で撮った写真。そして左が写真を参考にして実際に作った絵の背景。

20160613

 但し、そうはいっても。くどくどと戯れ言を重ねても、目にとめられた方の大半は「御託は結構だが、どんな言い訳をしても下手は下手。それ以上でも以下でもないのでは」との尤もな偶感を抱かれるでしょうが。

 下手は下手なりに。トライアンドエラーを積み重ねながら今に至っているのです。

何故年賀状にこだわるか

 こうして6月も半ばを差し掛かる頃になって、ようやく今年の初めにいただいた年賀状の返事を投函したのだけど。
 「こんな時期になって、そんな間の抜けたものを送りつけて、貰った方が逆に困惑するのを想像したことはないのか」「できあいのものだろうが事務的であろうが、返信も含めて直ぐに送れるようにしたほうが本当の“礼節”というものではないのか」など至極真っ当な言葉も聞こえるもの。
 もちろん公。おおやけに向けての年賀状はそれそのものの用途通り機能するよういつも用意しているのだけど、こと私。個人的にいただいた年賀状への返事だけは。

 歳を経るにつれ、人には公としての部分と私としての部分が。「公」を「地位」や「肩書」「看板」に置き換えてもよいが、自分の中を占める公としての部分が日ごと月ごとに大きく重くなっていくのを身を持って感じ。
 そして、なにがしかが切っ掛けになり我が身を占める公の部分が取り払われた時に初めて。公以外、私としての個人的なアイデンティティなど無きに等しいちっぽけな存在であることを。

 「全国誌の紙面にも屡々その名が取り上げられる企業の管理職についていた時は、盆暮れ正月なにかにつけ公私含めた様々な所から、自前では到底処理しきれない贈り物を貰い続けていたのが、定年退社した途端どこからもなにも送られてこなくなった」。
 「会社で働いていた頃は行った先来る人に、独立しませんか、いいえこちらにきませんか、フリーになったら仕事をいっぱい回しますよ、そうおだてられその気になって会社を辞めたら、今まで鬱陶しく感じるくらい声をかけてきた人達がぱったり姿を見せなくなり、たまに顔をあわせても社交辞令口調の曖昧な返事しかくれなくなった」。
 「オレ個人で看板をしょって、羽振りが良かった時にはイイ顔をして寄ってきた大勢の連中が、上手くいかなくなった途端オレのまわりに居つかなくなり、どころかオマエのあの時ああだった、だからオマエは失敗したのだ、オマエはあの時からああいう部分が欠点だった、なんて面と向かって悪態までついてくる、だったら調子が良かった頃にその言葉を寄こせ」。

 等など実経験からの金言を聞くにつれ、おおやけ以外のわたくしの意味をひしひしと感じるようになり。
 だからこそ、とはいえ大したものでもなんでもないおおやけの立場すら除外してみれば。何の取柄も無い冴えないキモオタオッサンの自分に対しても時節の挨拶を下さるような方に対しては、わたくしの部分で精いっぱい誠心誠意なにがしかレスポンスを。

 そう思って、どんなに遅くなっても個人的な年賀状だけは手製のものにしているのです。