カテゴリー別アーカイブ: 映画

『捜索者(The Searchers)』

 映画『捜索者(The Searchers)』。

 ジョン・フォードがメガホンをとりジョン・ウェインが主役を演じた南北戦争終了から3年後西暦1868年のアメリカ西部地方を舞台にした1956年公開の劇場映画作品。
 そもそもことの起こりは、今年初めにRDR2『レッド・デッド・リデンプション2(Red Dead Redemption 2)』を。
 アメリカ合衆国の西部地方開拓時代当時、フロンティアと呼ばれたアメリカ未開拓地を舞台にした物語、通称西部劇。を題材にした家庭用ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』を終えてからもずうっとこのゲームの事が心に残り続け。

 劇伴音楽集を購入したり同作が作られるにあたって参考にされた作品など。明朗快活な勧善懲悪の物語に収まらない西部劇を巡ってゆくうち、フロンティアの時代とその終わり。そしてその後のアメリカと幾許かの同国製コンテンツに通奏低音として綿綿刻まれている「居場所を失った、消えゆく男たちの物語」を了得し。
 さらに自分なり掘っていった末たどり着いた映画が『捜索者』。

 DVD版を。ブルーレイ版をと最初は考えていたが日本語吹き替えに対応した国内流通版はDVDしか無いことを知り、注文したDVD版が先日届いたもので取り急ぎ鑑賞したのだが結果予想を上回るものだった。

 今作に関する評釈をざっと掻い摘むと、公開当初は興行成績も評論家からの反応も。曰く「お話が暗すぎる」「ジョン・フォードとジョン・ウェインには偉大なるピルグリム・ファーザーズの精神を否定するようなものを撮ってほしくない」等散散だったもの、やがて時代ととも評価は覆され現在ではフランス『カイエ・デュ・シネマ(Les Cahiers du cinéma)』誌の「史上最高の映画100本」第9位に選ばれ、本国アメリカ映画協会でも「最も偉大な西部劇映画第1位」に選出されたと。

 また批評家筋ばかりでなく同業者からも。
 『タクシードライバー』の脚本を手掛けたポール・シュレーダーは『捜索者』から強い影響を受け、ロバート・デ・ニーロ演ずる主人公トラヴィスの人物像を造形し。後に同作を翻案し現代アメリカを舞台に換えたかたちの『ハードコアの夜』を自ら監督している。またデヴィッド・リーンは同作の、まだ開拓時代の面影が残されていた大西部の光景をフィルムに写し取った風景描写に強い感銘をうけ『アラビアのロレンス』を制作するにあたり、何度も『捜索者』を鑑賞し風景撮影の参考にした。
 等等同作の西部劇というジャンルに収まらない映画としての先駆性普遍性を称える逸話には事欠かないのだが。

 他者の評価や反応などはどうだっていい。とどのつまりはわたくし個人がどう感じ思ったかだ。
 シネフィル未満の映画好きがぼんやりと想起する類型的な西部劇。物語のクライマックス、絶体絶命の危機的状況に騎馬隊が駆けつけ事態を解決するわかりやすいハッピーエンドでも無ければ。現代劇に特有の、あえて露悪要素を殊更丹念に描写する「観客の心の奥深くまでけして消え去る事なき爪痕を刻んでやろう」と、作り手の前のめりな自意識が鼻につく陰惨苛酷さとははっきり違ったある種の暗さと後を引く苦さ、だがけして不快でない苦さがここ数年あたりの心情と重なり混じり合ってすうっと入っていった。

 とはいえ2020年も間近に迫った今の目でみれば60年以上前に作られた劇場映画。マカロニ・ウェスタンの台頭やサム・ペキンパーの登場を待つのは当分先となる頃に作られた、所謂西部劇というジャンル映画の文法を大きく逸脱してはいない作劇は、ひどく牧歌的でいささか冗長にすら感じられるのも客観では理解できる。
 例えば劇中の幕間にあたる箇所。ジョン・フォード演じる主人公と彼に反発しながら捜索の旅を共にするジェフリー・ハンターの旅の途中の一幕。ネイティブ・アメリカン相手に取引をしながら情報を得る描写など、再映画化を仮定したならば真っ先に省略される部分かもしれない。だが、マックス・スタイナーの手掛けた詩情溢るる劇伴音楽と相まって忘れられぬ一場面になっている。
 あるいはもしも仮にタランティーノが製作を務め、イーライ・ロスが『捜索者』のリメイクを手掛けたとするならばモダンな手触りかつ括弧付きでの「良くまとまった」作品へとリノベーションされるかもしれないが、それは求めていたものとはかけ離れてしまうのでは。あくまで愚考でしかない私的な感情にすぎないが。

 ともあれこの作品に対しシンパシーのような曰く言い難い心の動きを得たのも、そして製作直後本国での拒否的反応と反比例するように高まっていった評価も、つまりはその後幾度も舞台を変えプロットを変えて語られ続けてゆくこととなる「居場所を失った、消えゆく男の物語」をフィルムに焼き付けた最初期の映画だったからではと。
 だからこそ公開当時アメリカにおいては、薄薄わかってはいたが明示化されてほしくはなかったからこその拒否反応であり、わたくし個人においてはミッドエイジクライシスをはっきり自覚しはじめた年齢に鑑賞したからこその深い感受であったと。

『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!』

 2009年の韓国映画『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!(原題「CHAW」)』。
 公開当時より、そのインパクト溢れる題名に興味を掻き立てられ。しかしながら文化文明とは程遠い、未だ隣組や村八分などの風習も色濃い自身の生活圏では当然のように映画館で上映されるわけもなく、CS放送の映画専門チャンネルで放送されるのを心待ちにしていたのだがいっこうに放映される気配もなく。
 所詮その程度の取るに足らぬ作品と割り切ろう、いっときはそう思ったもの日増し月を重ねるごと「人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!」の言葉が頭の片隅から離れなくなり、思いきってDVD版を購入。

 さて鑑賞してみれば『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!』の題名が全てを物語るよう、韓国都市部より遠く離れた山村に凶暴な巨大人喰い猪が出現し平和だった村を恐怖に叩き込む。その粗筋とそこから想像される印象より良くも悪くもまったくブレない。そのタイトル通り、通俗的に「モンスターパニック映画」と括られる作品の定石を丁寧になぞらえる展開から題名に冠されるミニマムかつ土着的な山場を経て幕引きへ、そして同種映画のお約束ともいえる不穏さを残し物語は締めくくられる。この手合が好きな好事家にはお勧め、と無難な感想でお茶を濁しがちな佳作。そう片付けられるかもしれないが。

 さにあらず、あえて取り上げたのには特筆すべき点が。いや韓国映画を鑑賞したとき総じて印象に残り、本作でも興味深く感じられた点がひとつあり。それは、この作品やジャンルに限らず世界的に評価される巨匠がメガホンを取る大作映画においても通底し執拗に描かれる要素「韓国製映画において警察を含めた官僚機構は、徹底して腐敗し役に立たず物語の解決に関与しない。のみならず映画における厄介な障壁としてたびたび描かれる」。
 この点に関しては本作においても。主人公を務める、大韓民国首都ソウル特別市より物語の舞台となる僻地勤務を任ぜられた警察官と。赴任先の警察署長を含む人々の、中央への媚び諂いや嫉妬を含んだ態度、あるいは地元警察と村長との癒着などなど。そしてそれらパブリックサーバントが物語の進行において事態の解決にまったく寄与しない、どころか物事をより悪化させクライマックスへ誘導する。

 韓国における実在の状相が映画界へも反映されているのか、あるいは大衆の徹底した官僚機構への疑念がいささか脚色され通俗文化に投影されているのかどちらともか。ともかく多くの人にとっては取るに足らぬジャンル映画ひとつにも、ほぼ例外なくお上への不信感が通奏低音として流れているのは。
 それを以て「ポスト・トゥルース」や「ポリティカル・コレクトネス」等のワードを織り交ぜながら、ひょっとするとオーウェルの作品からアニマリズムのスローガンあたりを引用しつつ「常に権力や権威への批判精神を怠らぬ彼の国の市民意識の高さ。翻ってこの国に住まう衆愚どものケモノよりなお劣る政治意識の低さときたら」そうイデオロギイの方面に寄せて語りたがる憂国の志士や真実の徒も多いかもしれませんが。そんな難しいことはいっさい関係なく以上が個人的に『人喰猪(ヒトクイイノシシ)、公民館襲撃す!』を鑑賞し興味深く感じた点です。