カテゴリー別アーカイブ: マンガアニメ

「映画」は映画館を出て、家に帰ってくるまでが映画です

 今月頭に『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』(以下「アイマス劇場版」に省略)を観にゆき、そして先日『スノーピアサー』を観てきて。
 アイマス劇場版を観に行った際の体験。時間を取ることの出来た平日が、あいにくの猛吹雪で。それでも吹雪の中、片道3時間車を走らせたどり着いた映画館で。
 平日に加えて外は吹雪という環境にも関わらず、ほぼ満席の中、大勢の互いに名も知らぬ、おそらく再び会うことも無い観客の皆と一緒に盛り上がりながら観賞できたことは、ずうっと記憶に残っていくだろう素晴らしい映画体験だったのだけど。

 『スノーピアサー』。作品それ自体の素晴らしさ、いや凄まじさは勿論の事。作品内容とそのまま同調するような映画館の外の環境。寒波吹き荒れる中、映画館まで高速道路をひた走り、到着した映画館の、作品上映中の館内は自分だけ。そんな環境で観て、そして映画を観た後の興奮も瞬時に凍てつくような吹雪の中、帰途についたことはアイマス劇場版に続き、強烈な映画体験になり。

 かねてより、映画館に映画を観に行くということは。作品の内容そのものの印象だけでなく、実際に映画館まで足を運び、閑散とした客席も満員の客席も含めて館内の雰囲気を堪能し、そして作品の余韻に浸りながら帰途につく。偉大なる先人の言葉を借りれば「ゆきて帰りし物語」も含めて映画の印象になる。そのように考えているので。
 どんなに自宅での観賞環境が向上し、映画館並みのものになったとしても。
 「映画」は。映画館まで足を運び、観賞し、家に帰ってくるまでを含めての「映画」だと。そう思うと、やはり映画館に足を運ぶことは止められない。

 
 蛇足として。試写会の類は映画とは似て非なるものだと思う。足代も含めてすべて自腹を切った上で観る映画は、例えどんなに駄作であっても「こんなクソ映画に、貴重な金と時間をぶっこんだ!」と、それもひとつの体験として。佳作秀作を試写会場で観た時よりもはるかに忘れられぬ映画体験になるだろうから、やはり映画は自腹を切って自分の足で映画館まで観に行くものかと。

 さらに。蛇足に爪やら鱗やらを加えるなら『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』。猛吹雪の中、観に行ったことも忘れられぬ映画体験だけど。もしも公開時期が夏から秋にかけての間だったとしたら。
 作品が夏の間の、掛け替えのない瞬間の物語を中心にしていたことも相俟って。もしもアイマス劇場版を見終わった映画館の外が、夏の空気だったらと想像すると。観た後も含めて映画館に足を運んだ人の多くに素晴らしい印象を残したのでは。そう考えると。
 上映時期にまであれこれいうのは余計以外のなにものでもないのを承知で。作品内容と、その上映時期とは決して無関係ではない。極寒の中『スノーピアサー』を観て、そんなことも思った次第。

プリキュアだけは

 奥さんは結婚前から。自分の趣味の、マンガアニメ方面には徹頭徹尾理解も興味も関心も無く。
 そして結婚後も、その姿勢は1mmたりとも変わらず。
 ガンダムもエヴァンゲリオンも攻殻機動隊もアイドルマスターも、全て「アキバ系」の一言で斬り捨てる乱暴かつ大雑把な言動には時折イラッとすることもあるのだが。

20140209

 子供が出来て以降、プリキュアシリーズだけは「アキバ系」とは違う「プリキュア」というもの。と認識するようになった模様。