カテゴリー別アーカイブ: 音楽

『THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -THE IDOLM@STER HISTORY- 』

20131014

 先日、ヤマト2199の劇伴音楽のことを取り上げた際、日本コロムビアのマスタリング技術について触れたので。関連して、本来ならば真っ先に言及すべきだった『THE IDOLM@STER』。同名のゲームならびにアニメーション作品で使用されたボーカル曲が収録されている、日本コロムビアから発売されたアルバムについて。

 楽曲の良さは勿論として、音が良い。本当に音が良い。
 同社の音作りに対する姿勢の素晴らしさは、既に長々と述べているものの。このアルバムの音に関しては、単に高水準というだけでなく。同社から発売された同シリーズの音源と比較すると音作りの方向性を、今作において微妙に、だがはっきりと変更している。常になにがしかの意思。こころざしをもって、音作りにおける最終的な調整作業。マスタリングを施しているのが判り。
 それは今作の最初を飾る、作品の表題曲でもある「THE IDOLM@STER(M@STER VERSION-REMIX-)」を。2008年に発売された『THE IDOLM@STER BEST ALBUM ~MASTER OF MASTER~』に収録されている同一曲と聞き比べてみれば明白。

 ここで「『THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -THE IDOLM@STER HISTORY- 』以下『THE IDOLM@STER HISTORY』に省略。は『Blu-spec CD2』とかいう技術で作られているのだから、音質が変わって当然なのでは」と思われる方もいるかもしれないが。
 ソニーが策定した規格「Blu-spec CD」ならびに「Blu-spec CD2」は。工場で音楽CDをプレスするにあたっての。何も情報が書き込まれていないCDに、音情報を記録してゆく際の品質改善を目的とした技術で。おおまかにいえば。オーディオ用CDプレイヤーが、リアルタイムでCDに記録された情報を読み取りつつ、情報を音へとリアルタイムで変換する際の。読み取り誤差を出来るだけ少なくする事により、鑑賞する際の音質劣化防止を目的にした技術なので。
 たとえ「Blu-spec CD」や「Blu-spec CD2」であっても、MP3やFLACまたはWAV等の音源に変換した時点で、通常の製造工程で作られたCDとの音質上の差異は理論上無くなり。それでも違いを感じるとするなら、それはCDの品質からくるものではなく、ひとえに元々の音情報それ自体の音質の違いであることをふまえ、それぞれのアルバムに収録されている「THE IDOLM@STER」を聞き比べてみると。

 微細ではあるが、はっきりと。『THE IDOLM@STER BEST ALBUM ~MASTER OF MASTER~』に収録されているものに比べて、『THE IDOLM@STER HISTORY』に収録されているものは低音域を控えめに。かわりに中音域が今までのものと比べ、より明瞭に感じられる。『THE IDOLM@STER BEST ALBUM ~MASTER OF MASTER~』版が、クリームを惜しげなく使った洋菓子だとしたら。今回のものは甘味の抑えられた上品な和菓子のような印象を受ける。
 いちおう断りを入れておくが。どちらも良いものである事に変わりないが、それぞれには明確な違いがある。

 自分が音楽を聴くにあたって、普段は。『THE IDOLM@STER』の楽曲に限らず、アニメソングやクラブ音楽を含めた今時の流行音楽を鑑賞する際。手持ちのヘッドホンの中でも、ソニーのMDR-XB700を主に使用している。
 何故かというと、ソニー製のXBシリーズ、エクストラベース・シリーズというライン。名称の通り、同社のラインの中でも、とりわけ低音域をしっかり聞かせる事を主目的に作られたヘッドホン。開発者もXBシリーズ発表時のプレスリリースで「音場としてクラブのフロアを想定して開発した」と明言しているヘッドホン。クラブ音楽を含めた打ち込み主体の、ミックスダウンにいたるまで一貫してPC上で作られた今時の流行音楽を聴くのに一番合っている。一番気持ちよく聞こえる。そう判断して。
 開放型から密閉型まで。MDR-XB700より数倍以上高価なヘッドホンまで色々試した結果、それでもXB700が合っている。とどのつまりは自分が聴きたい音楽に合っている、好きな音楽が気持ちよく聞こえるヘッドホンこそが最良のヘッドホンなのだ。ブランドや価格、世評よりも、つまるところは自分自身にとってどうなのか。そう結論が出ていたのだが。

 こと『THE IDOLM@STER HISTORY』に収録されている「THE IDOLM@STER」と、今作のいくつかの収録曲はXB700よりも、ゼンハイザーのHD650。開放型ヘッドホンの定番といわれている一台。
 私感を述べるとHD650は。先日に取り上げたヤマト2199劇伴音楽のような、ダイナミックレンジを活かすべき楽曲に最適のヘッドホン。反面、クラブ音楽のような直情的な楽曲を聴くと、上品に聞こえすぎるきらいがある。決して、ありとあらゆる音楽のポテンシャルを120パーセント引き出す魔法の万能ヘッドホンではない。そう感じているHD650で鑑賞した方が、今作の「THE IDOLM@STER」に関しては心地よく聞こえた。
 おそらくは今回の音作りにあたって、エンジニアが定めた明確な方向性によるものであろうが、HD650と相性が良いアニメソング。日本コロムビアは。何気なく、ことさらにひけらかすでも無く、しかし凄い事を。高いこころざしを流行音楽の音作りに込めている。そう思った。

 とはいえ『THE IDOLM@STER HISTORY』が、瑕疵の存在しない完璧な作品だと強弁するつもりは無い。いくつかの楽曲に関してはHD650で聞くと、歌声にリバーブが効きすぎているように感じる。それでも同ジャンルの凡百の他楽曲に比べれば微々たるものなのだが、リバーブが不自然に感じる楽曲もあり、アルバム全ての要素が完璧である。ドナルド・フェイゲンの『Nightfly』や、イエスの『Close to the Edge』等と肩を並べるべき歴史的名盤だと美辞麗句を連ねるつもりは無い。

 しかし『THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -THE IDOLM@STER HISTORY- 』における日本コロムビアの音作りは、敬意を払うべき仕事。明確な意識を持ったプロフェッショナルの仕事であるのは間違いなく。
 いちファンとして、好きなコンテンツをこれだけの水準で提供してくれる事に、ただただ感謝するばかり。

ヤマト2199のサントラを聴いて、会社によるマスタリングの違いを知る

2013100301

 日本コロムビアから発売された『MV SERIES(ミュージックビデオ シリーズ)宇宙戦艦ヤマト2199』を購入。
 簡単に説明すると、地上波では先日ついに大団円を迎えたアニメーション作品『宇宙戦艦ヤマト2199』。1974年にテレビ放送された『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク作品『宇宙戦艦ヤマト2199』の劇伴音楽と劇中映像とを、ミュージック・クリップ風に編集した映像作品で。
 同作の劇伴音楽集は、既にCDで購入し所有しているものの。何故、改めてこのようなものを購入したかというと。

 先だってランティスから発売された劇伴音楽集『宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.1』を購入し、聴いて。いささかの落胆と違和感を覚えた身としては。
 『MV SERIES(ミュージックビデオ シリーズ)宇宙戦艦ヤマト2199』(以下『MV SERIES』と省略)とのタイトルを冠した企画が発表されたのを知り。そして、その発売元が日本コロムビアである事を知り。ひょっとして、違和感を基に自分が抱いた憶測が証明され、またCDに感じた落胆も解消されるのでは、との思いから同作を購入し。
 そして、憶測は正しかった。

 端的に述べると。ランティスから発売されたものと、日本コロムビアから発売されたものとでは、マスタリング。音楽が製品として完成する手前。CDやDVD、アナログレコード等に記録される前の、最終的な音の調整作業。マスタリングが明確に異なり。
 ランティス版のマスタリングは、多くのファンを落胆させた出来になっていたものの。今回発売された『MV SERIES』でのマスタリングは、ランティス版に失望したファンの感情をかなり救済させる出来映えに仕上がっていた。

 具体的に、音情報を可視化したものを提示すれば一目瞭然だと思うので、参考までに。

2013100302

 拡大してみた。

2013100303

 二列並んでいるうち、上の青色のものは日本コロムビアから発売された『MV SERIES』のトラック7。

 下の赤色のものはランティスから発売された『宇宙戦艦ヤマト2199 オリジナルサウンドトラック Part.1』の17曲目「地球を飛び立つヤマト」。それぞれ同一楽曲の同じ箇所を抜き出してみた。

 一応補足しておくと。CDとブルーレイ・ディスクとでは、そもそもの媒体が違うのだから、それらを比較するのは無意味では、との疑問をもたれる方もいるかもしれないが。
 たとえ、媒体の違いにより音情報の圧縮方法等が異なっていても。規格として定められた領域の中に、破綻無くそして最大限に元情報の美点を活かしつつ、情報を入れ込んでゆくマスタリングという作業において。同じ楽曲を同じ方向性でマスタリングしたもの同士であれば、可視化された音情報の見た目そのものは大きく変化しない。

 しかしながら、両者のマスタリングは、明確に異なる。

 何故こうなっているのか、自分の推測を差し挟むと。ランティスのものは今時のマスタリング。正確にはポップスやロックにおけるマスタリングの、少し前の定石であった。デスクトップ上で、それ用のプラグイン、PC上で個別の命令を実行する為の部品のようなもの。を使用し、元々の音情報の特定の領域を増幅させる。結果、出来上がったものは第一印象の迫力が強調されるマスタリングを施しており。
 殆どの音がデスクトップ上で、ミックスダウンに至るまでPC上で完結している昨今の流行音楽ならば、これで問題ないのだが。ことクラシック音楽。
 管楽器や弦楽器、打楽器等様々な楽器。それらの大半は、アンプスピーカーを介さず本体そのものから音を発振する構造の楽器群を編成し、基本的には生演奏でそれらを奏でる音楽においては、上記のマスタリングはあまり有効とは言えず。
 ひょっとしたらランティス内には、クラシック音楽の音作りに精通したエンジニアがいなかったのか。それとも、今作のレコーディングディレクターには明確な音作りの展望と方針があり。結果として、あえてこのような音作りになったのか。

 ともかく、クラシック音楽の楽器編成。小さなものではピッコロから大きなものではコントラバスやティンパニ等。打楽器や管楽器弦楽器等、音の出る仕組みの異なり、楽器自体の大小もそれぞれ異なる物同士が、一斉にそれぞれの箇所を演奏する事で成立している音楽を記録するにあたっては。
 それぞれの楽器としての特性や大小が。実際に演奏会場へ足を運ばずとも、CDやアナログレコード等を聴く事により理解できるマスタリング。
 一聴した際の迫力は犠牲にする、その引き換えに。小さく繊細な楽器の奏でる音色はそのように、演奏会場の奥まった場所にある楽器の音色はそのように。それぞれがありのままあるように聴こえるようにミックスダウン、マスタリングが施される。
 いわゆるダイナミックレンジの活かされた音作り、それが好ましいと一般的には言われ。
 しかしながらランティス版では。小さな管楽器も大きな打楽器も、まるで同じ大きさで同じ距離から奏でられているように感じ。多くのファンは、いささかの落胆と違和感を覚えたと思う。自分もそうだった。

 だが、先だって日本コロムビアから発売された『MV SERIES』。
 まずはパッケージ裏に大きくマスタリングエンジニアの名前が表記されていることからも、おおいに期待を抱かせるものになっていて。そして実際に視聴すると。期待通り、ダイナミックレンジの活かされた音に仕立て直されてあり。ランティス版に失望した感情をかなり救済してくれる出来栄えだった。

 流石は歴史と伝統の日本コロムビア。伝統というものは決して箔づけのこけおどしではない。アナログレコードの時代から、多くのクラシック音楽の名盤を発売し続けた、その技術と経験の蓄積は『MV SERIES』に確実に活かされていた。
 おそらくマスタリングにあたっては、ランティス版の。既にマスタリングの施された音源を基情報として、そこに再びマスタリングを施すという、けっして上手いやり方とはいえない、骨の折れる面倒な作業であっただろうに。しかしそんなことはエンジニアにとっては百も承知で、決して腐らずやっつけ仕事で済ませる事なく。これこそプロフェッショナルの仕事、と称するに相応しいものを提供してくれた日本コロムビアに敬意を払う意味でも。

 そして、そんな面倒くさいことは抜きにしても。
 ランティスから発売されたヤマト2199の劇伴音楽集に少なからず失望を覚えた方にとっては、購入して損はさせない出来に仕上がっているかと。